話題のIot。今更聞けないIot。そんなあなたの為の記事。

Link Japan,RJ-3

2015年くらいから度々話題に上っている、Iotというキーワード。

「聞いたことはあるけど、何のこっちゃい!?」
という方も多いのではないでしょうか?

有名経済誌にも度々このキーワードが登場し、今更聞けない感がただよっています。(苦笑)

そこでこの記事では、「Iotって結局何よ?」
というあなたの為に、明日から使えるIotの知識を伝授いたします。

Iotという言葉の意味

Iotとは、「Internet of things」の略で、「モノのインターネット」という意味です。
私たちが日常使っている物がインターネットに繋がる。
一言で言うなら、こういう事です。

どういう事だ?と思うかもしれませんが、私たちが今当たり前の様につかっている
スマホや、ケイタイもかつてはインターネットにはつながっていなくて、単なる電話機でした。
これがインターネットにつながる事によって、メールのやり取りをしたり、ホームページを閲覧したりできるようになりました。

つまり、道具がインターネットにつながる事によって、情報を取りに行ったり、発信できるようになるのです。
Iotはスマホに代表されるように、私たちの生活を一変させます。

それでは、Iotの普及によって今後私たちの生活はどのように変わって来るのでしょうか?
ちょっとその辺を考えてみようと思います。
想像するだけでワクワクしますよ!

身近なあれとIot

1.車とIot
IoT|自動車事例|IoTが描くクルマの未来像とは – Executive Foresight Online

2.時計とIot

【レビュー】「Apple Watch」をつけて生活してみて分かった13のこと

3.医療とIot

IoTと医療 | IoT

このように、様々な分野でIot化進んでおり、それぞれに大きな変化をもたらしています。
今は実験段階だけど、実現したらスゴイよね!という未来が実はもうすぐそこまで来ているのです。

では、日本でこの人のIotに関する発言は絶対に注目!
という方のインタビュー記事を紹介いたします!

日本のIotならこの人!それはソフトバンク社長、孫正義氏!

2016年、マイクロチップ設計メーカーであるARM社を買収して、話題を呼んだ
ソフトバンクの孫正義社長。

ソフトバンクが史上最高3.3兆円で買収した無名企業は、「トンデモナイ」企業だった – ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る

その孫社長が予言する、Iotによって変わる私たちの生活は、外から遠隔操作で施錠をしたり
エアコンを操作する、というものです。

孫正義が命運託す「IoT」の現実と未来

Iot、今は聞き慣れないけど、近い将来私たちの生活には無くてはならない存在に。

このように、Iotは未来の言葉かと思われがちですが、実はもう既に生活の中にIotは入りこんでいるのです。
思えば15年前、誰が手のひらサイズの機械でネットサーフィンをする時代が来ると思っていたでしょうか?

それが今は、家にスマホを忘れただけで不安になる、という人が殆どの時代です。
これがもっともっと、加速して私たちの生活の中に溶け込んで来ます。
10年先は本当に凄い事になっているでしょうね。

だから、この記事をきっかけにIotという言葉をもっと身近に感じて頂けたら、
著者も大変嬉しく思います。

実はスマホを使っての家電遠隔操作、いますぐできちゃいます。

弊社はIotスマートリモコン、LinkJapan社製RJ-3の正規代理店です。
あなたの家をスマートハウスにしてみませんか?
LinkJapan eRemote イーリモート スマホで家電をコントロール 次世代スマートリモコン RJ-3 | IotスマートリモコンRJ-3正規代理店 株式会社スターライト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

スポンサードリンク
ページ上部へ戻る